陣内病院ブログ

陣内病院ブログ

現在、日本で進行中の新型コロナ感染対策

2020.03.11

テレビをつければコロナ、コロナ、な世相になってしまっておりますが、
そんな状態のわりには、
「今、日本でどういう感染対策がすすんでいるのか、知ってますか?」
と問われたならば、『?』って人、意外に多くないですか?

そんなあなたのために、iPS細胞でノーベル賞を受賞された山中伸弥先生が、
国の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の副座長を担当されている
尾身 茂先生にインタビューされている動画がYouTubeにupされています。

わかりやすいお話で定評のある山中教授のガイドで、
わからないこと、わかっていること、が明確に切り分けられ、

「日本流」な感染症対策と、今、我々がすべきこと、が見えてきます。

ちょっと長めの56分の動画ですので、
お時間ある時に視聴されてみてください。

今回の感染対策のキモである、
『クラスターの早期発見&抑え込み』の核を担っているのが、
みなさんがお住まいの地域の保健所になります。

現在、保健所に設置されている「帰国者・接触者相談センター」では、
管轄エリアのPSR検査実施及び帰国者・接触者外来受診の窓口作業と、
PCR検査陽性の方とその周辺の感染経路と感染源を徹底的に洗い出す作業を
同時に行なっておられます。

検査陽性者のうち、軽症者に対しては自宅療養いただき、
周囲への感染力がなくなるまでの一定期間の外出制限をお願いすることで、
クラスターが小さいうちに感染を抑え込み、
次のクラスターが発生し、爆発的に感染がひろがることを
未然に阻止しています。

検査陽性者のうち、重症化のおそれがある患者さんに対しては、
指定感染症病院での専門治療に確実につなぐことで、
患者さんの命が失われる事態を未然に阻止しています。

現在、保健所では、感染症対策課のみならず、
担当以外の全課の職員さん総動員で
日本の危機を救うためのmissionを果たしてくださっているのです。

個人情報保護等々のセンシティブな問題や、
感染者に関わる仕事をしている方に対する
心ない風評被害の問題があるためか、
この辺の最前線で国民を守るために活躍されている方々の奮闘や献身が
マスコミでは全く報道されない状況にありますが、
そうした保健所業務の一端を実際に目にしている医療機関である当院からは、
ここだけはお伝えしたいな、と。

保健所職員のみなさん、
連日の24時間体制での対策業務、本当におつかれさまです。
みなさんのお仕事に心からの感謝と敬意を表します。

長期化の様相にみなさんの心身疲弊も激しいことと拝察しますが、
この国難を救うため、どうぞよろしくお願いいたします!!!

 

 


待合室の椅子が新しくなりました!

2020.02.19

病院からみえる阿蘇外輪山が冠雪していた2月18日の午後のこと。

当院待合室の椅子の入れ替え作業を行いました。

10年超えの使用で傷みが激しくなりましたし、
近年、席数が足りない!ということで、
もう少し席数が増やせるよう
省スペースでコンパクトなベンチにしよう!
〜ということになりましてのリニューアルです。

院長一押しで入れました災害対策ソファが運び出される中、
薬局部長の吉田が、やおらソファにとりつき不審な動き。


・・・って、え???

えええ〜〜っっっ!!!

ソファの隙間から、でるわでるわ。
小銭に、裸錠に、コインケース。

ソファから発掘された合計金額がこちら。

・・・びっ、びっくりデス!!!
果ては、保険証カードも1枚発掘されました。

吉田曰く、
「結構、入ってるんですよね〜。
 2年前くらいにみた時も2千円くらい出ましたから」
だそう。

こういうこともありますので、
お金の出し入れの際には、ぜひぜひお気をつけくださいね!

そんなことがありつつ、新しい椅子が運びこまれます。
今度は、ベンチタイプなので、お金が落ちればわかりそうですね(汗)

椅子のシート、一見、布のようにみえますが、
布様の加工がほどこされた合皮でして、
感染症流行シーズンには、次亜での消毒拭きも可能!

カラーは、院長Dr&副院長Drのチョイス。
「え〜俺今、テンションあがっちゃって選んでるから、
 スタッフにも色の希望、聞いといてね」
ということで、ブラインドで外来スタッフにも要望をとったところ、
両者で一致したこのカラーを選ばせていただきました。

ご高齢の方が座ったり立ったりしやすいよう
全席肘掛つきで、
沈み込まないようハイタイプの座高のものをチョイス。

シートは、高級車のシートを作ってる工場で作られたものだそうで、
反発弾性、腰のホールドががしっかりめで、
長時間座っても疲れにくいのだそう。

こちらの販売元のオリバーさんでは、
最近、医療機関で一番よく出ているモデルだそう。

 

診察室に近い2席は、折りたたみ椅子を置いております。
こちら、スタッフのアイデアによる「車椅子優先シート」になります。

我々の想定としては、例えばこんな感じ。


折りたたみ椅子をどけたところに車椅子を止めていただき、
ご同行されるご家族には、
患者さんの近くに折りたたみ椅子で座っていただこう!
・・・という当院独自の試みです。

うまくWorkするといいな〜

新しいベンチの座りごごちは、
次の外来でおこしの際にお確かめください。

また、次のリニューアルの参考にさせていただきますので、
忌憚のないご感想もぜひお聞かせくださいね!

 

 


新型ウイルスと戦う体内の免疫チームのお話

2020.02.17
新型コロナウイルスの感染について、
現時点で薬もないし、ワクチンもない!との連日の報道に
不安になっている方も多いかと。

こうした感染症は
 
  「お薬が治してくれる」
  「ワクチンが防いでくれる」

と思っておられる方もわりに多いようなのですが、
実際のところ、私たちの身体の中で
ウイルスや細菌を退治してくれているのは、

自分自身の身体に備わる「免疫システム」

であります。
 
この「免疫システム」
様々な種類の細胞が役割分担をしてチームを組み、
あたかも犯人を捜索し確保する
警察のような命令系統で見事に連動し
敵であるウイルスや細菌を撃破していくのですが、
これ、なかなかわかりやすく説明するのが難しく。
 
何かこう、イメージで伝わりやすいもんはないかな〜と思っていましたら、
面白い動画をyoutubeで発見!
 
東京大学の医学部の学生さんが学園祭で自主制作されたMovieだそうです。
 
まずは、ぜひぜひご覧ください!
 

 

平成26年の作品ということで、MEN IN BLACKが流行ってた頃でしょうか。
しかし、内容は全然色褪せない!
秀逸ですっ!!
流石、東大医学部っっ!!!

侵入してくる犯人であるところのウイルスや細菌は、
みなさんの身体の中に備わっている免疫チームが排除殲滅するわけですが、
やはり新しい手口で侵入してくる犯人、というのは、
情報がないがゆえに、対応が後手に回ります。

ワクチンは、免疫チームに対して、
「犯人はこういう手口でやってきますから、対応準備しといてね」
という、模擬犯人を使った「訓練」といえますね。

これを経験しておくと、いざ実戦!の時には、
「みんな訓練どおりにやるぞ〜」ということで、
免疫チームもスムーズに動いて即殲滅が可能である、と。

なんだか我々の防災意識にもつながる話ではありますね(笑)

しかして、今回の新型コロナウイルスは、
訓練に全くない新しい手口を使う犯人、ということになりますので、
いかに優秀な免疫チームでも初動が乱れます。

健康な若者であれば、基礎体力があり免疫力も強いので、
多少の対応の遅れは取り戻せますが、
これが、体力がない高齢者であったり、
基礎疾患のコントロールがうまくいっていない状態の方や、
体質上や治療上、免疫不全状態にある方だと、
ウイルスや細菌の活動が上回ってしまい、
肺などの体内臓器や血管の炎症にまで至ってしまうことがあります。

ということで、新型コロナも、
ワクチンや治療薬(増殖を抑制する薬)ができるまでは、
我々自前の免疫チームだけで戦っていくしかありませんので、
身体の中の免疫チームが万全の体制で戦えるよう、
栄養バランスのいい食事と、良質な睡眠、適度な運動で、
しっかり健康管理(=血糖管理)を行なって、
我々自らで免疫チームをサポートしていきましょうね!

 

他、感染予防としては、
すでに皆さん耳にたこができるほど聞かされていると思いますが、
ウイルスを体内に入れないよう手洗い・うがいをしましょう!
なおかつ、残念ながら感染してしまった場合は、
周囲の大事な人にうつさないよう
咳エチケット(マスク着用)の励行を!

それと、陣内病院からはもう一つ。
・・・首まわり、あっためてあげてください。

これは、当院の稗島Drからの聞いたお話なのですが、
稗島Drがかつて大学時代、リンパ系の炎症・免疫の研究に打ち込まれていた際、
実験で使う免疫細胞を冷蔵庫から出し、顕微鏡にかけて見ると、
冷蔵庫から出してしばらくの冷えた免疫細胞って、ほとんど動かないのですが、
これを体温と同じくらいにあたためてあげると、
ピコピコと元気よく動き始め、活性化するのだそうで。

「ウイルスって最初、気道につくから、
 ここで首回りの体温が冷気で下がってると、
 やっぱ免疫細胞の活動って悪くなると思うんだよね。
 昔の人が、風邪をひいたら首に焼いたネギを巻くとか言ってたじゃない。
 ま、ネギは関係ないと思うけど(笑)、
 首まわりを温めること自体は、免疫システムを活性化させるのには、
 有効だと思うんだよね」

これから三寒四温で春に向かっていくとは思うのですが、
その三寒が本日雪になるなど、結構、寒いです。

不要不急の外出は控えたいところですが、
必要なお出かけをされる際は、
免疫システムが即出動して活躍できるよう、
身体〜とくに首回りを意識して
マフラーやネックウォーマーであったかくしてお出かけくださいね!

 


リブレの現時点での保険診療の位置付け

2018.09.18

過日、当院以外に通院中と思われるリブレユーザーの患者さんから、
当院のホームページに下記のお問い合わせメールが入りました。


病院側が
「血液の採取を日に4回して、毎月受診しなければ、リブレが保険適応にならない。」
と言われて、私が
「リブレをはめて、血液も採取するのは無駄と思える。」
と言っても
「それが医療の規則である。」
との返事です。それは、事実なのでしょうか?
陣内病院の1型の患者さんもリブレをつけて、日に四回の採血をしているのかを教えてください。
どうぞよろしくお願いします。


お返事をご指定の携帯メールのアドレスに送信させていただいたのですが、
お使いの携帯にて、PCからのメールがブロックされている模様で、
送信ができませんでしたので、こちらでお返事させていただきますね!


お尋ねいただきました件ですが、
貴方の「納得いかない!」というお気持ち、非常によくわかります。

「せっかく簡単に血糖値がわかる持続測定機つけてるのに、
 なんで面倒な指先穿刺の測定しなきゃいけないのよ!」
というのは、正直、我々医療者も全く同じ思いでおります。

ただ、これには「現時点でのリブレの限界」という事情がありまして。
少し長くなりますが、以下ご説明させていただきますね。

リブレは、正規の持続血糖測定(CGM)より
低価格で手軽に血糖日内変動の動向が把握できる、
〜という点で従来にない画期的な新しい血糖測定器でありますが、
従来になかったが故に、現時点での保険診療における位置付けが、
「あくまで『簡易』測定機器であり、従来の血糖測定機器の補助器具である」
〜という治療機器としては微妙な位置付けとされています。

リブレは間質液(体液)中に含まれる糖質の増減が、
血液中の糖質の増減トレンドをおおよそ反映している、
という性質を利用した測定器になります。

「おおよそ反映している」ということは、
間質液と血液中のブドウ糖の数値はイコールではない、ということです。

間質液(組織液)のブドウ糖量の変動は、
静脈血よりも5~10分ほど遅れる傾向があり、
なおかつ、急激に血糖が上昇もしくは下降する局面では、
誤差が生じる傾向があります。
この辺の詳細な状況は、当院の旧ブログの記事でも取り上げてますので、
興味おありでしたら、こちらもご覧くださいね!
   参考▶︎組織液と末梢血と静脈血の間

リブレでは、上記の誤差を補正するため、
測定した間質液(組織液)のブドウ糖量を
アボット社が独自に開発した計算式により算出した
血糖値の「近似値」を測定結果としてモニタに表示していますが、
それでも、実際の血糖値とリブレの検査数値はズレることがあります。

例えばこちら。食後の血糖値に現れた誤差の一例。

昼食後の14:20、リブレでは218の血糖値が、
14:21に測定した血糖自己測定(SMBG)では165になっています。
その差、53。

当院のリブレの担当者に確認しましたところ、
陣内病院でリブレ使用中の患者において、
血糖自己測定(SMBG)とリブレの数字で誤差が出やすいのが、
まず、血糖値が70mg/dL以下のところ。
ここではリブレは低めに数字を出してくるそうで。
次に、血糖値が200~300mg/dLを超えるところ。
ここはリブレが高めに数字を出す傾向があるそうです。
また常にリブレの数字が50mg/dLくらい低めに出た事例もあるそうです。

この状態で、リブレの数字だけで判断して
補食やインスリンの追加打ちを行ってしまいますと、
数字が大きく表示されてしまった場合には、
インスリンを多く打ち過ぎてしまうことになりますし、
数字が低く表示されてしまった場合には、
補食で余計に血糖を上げてしまうことになります。
かえって血糖変動を不安定な状態にしてしまうことに繋がりかねません。

従って、処置が必要となるレベルの高血糖や低血糖の数値が出た場合には、
一度、指先からの血糖自己測定(SMBG)で確認していただいてから
処置をとっていただくことが
治療の安全性を担保する上では必須になってきます。

『リブレをはめて、血液も採取するのは無駄』なのではなく、
現状、必要なことである、ということがご理解いただけるかと。


2年前のリブレ発売時、患者さんにお渡しする前の段階でリブレの体験装着された
稗島Drの空腹時の血糖チェックの図。


この辺は、当然、厚労省も把握されてまして、
患者さんの安全を考えたからこそ、
現段階では、リブレを血糖自己測定(SMBG)の『補助器具』として位置付け
必ず血糖自己測定と併用するように設定しているものと思われますし、
リブレの使用説明やホームページにもその旨をしっかり明記するよう
指導されているものと思われます。

 

あともう一つ、「納得いかない!」のは、
1日「4回」測定しなければならない血糖自己測定の回数の問題ですね。

こちらは、保険点数設定の都合上、というところが絡んでまいります。

保険診療上、リブレが血糖自己測定(SMBG)の『補助器具』扱いとなっているがために、
現時点では、健康保険の点数も、
「血糖自己測定器加算の料金でリブレのセンサー代も賄ってくださいね」
という、セット価格的な設定になっているため、
リブレを1か月フルにご使用いただく場合には、
1日「4回」の血糖自己測定(SMBG)の管理料をいただけないと、
病院側が赤字になってしまうという苦しい事情があります。

この状況を受け、陣内病院でも、
健康保険を使ってリブレを使用いただく場合には、
1型患者さんには、1日4回の血糖自己測定(SMBG)の算定で
リブレセンサー2箱(4週分)、
2型患者さんには、1日2回の血糖自己測定(SMBG)の算定で
リブレセンサー1箱(2週分)、
といった処方にて、日内変動を確認いただいているところです。

ということで、陣内病院でも、1ヶ月フルでリブレをお使いいただく方には、
1日4回の血糖自己測定(SMBG)がセットとなっております。
ここは正直、今は「保険規則ですから」としか説明のしようがなかったりします。

できれば、血糖自己測定(SMBG)とは別項目として、
リブレ単独での保険点数化をしてほしいところですよね。
そうすれば、Drが、患者さん個々の血糖管理の習熟度や必要に応じて
どの血糖モニターツールを用いるかを選択できるようになります。

今後は、リブレ以外の
フラッシュグルコースモニタリングシステム(FGM)の機器も
上市されていくでしょうし、
メーカーさんの開発努力で精度も上がってくるはずです。

この辺は、点数改正で検討されることを期待!です。


こちらも2年前のリブレ新発売時、陣内病院の職員勉強会にて
杉山Drはじめてのリブレセンサー装着!の図。

ご質問にありました病院職員さんの「それが医療の規則である。」を
しっかり説明しますと、これだけの長さの説明になっちゃいまして。
さらに出来うるならば、下記のリンク先の内容なんかも、
お伝えしたいな〜と思ってしまうわけですが。
   参考)テルモ株式会社提供「血糖自己測定(SMBG)をよく知ろう!
      陣内病院旧ブログ「完全に正しい血糖値?!

こちらはtaroさんの2016年リブレ発売当時の検証企画
「FGM(リブレ)とCGM(iPro)との同時測定比較」中の写真。

陣内病院では、新しいデバイスが出ると、
Drやスタッフ自ら身体をはったyoutuber的(笑)検証企画が始まりまして、

安全性や特性を確認した後に、当院採用機器とし患者さんにオススメしております。

質問者さまの病院職員さんも、
おそらくこの辺まで詳細説明出来る時間がなくて
端折って「医療の規則」と説明してしまわれたんでしょうが、
こういう質問をいただいた時って、患者さんに、
デバイスの機能の限界と活用のノウハウを説明することによって、
血糖コントロールのコアな部分を理解していただける
とっても良い機会だと思いますので、
医療者の方におかれましては、
ぜひ、時間をかけてしっかり説明してあげていただきたいな〜というのも
この場を借りて希望として述べさせていただきます。


さて、今回取り上げましたリブレは、
ユーザーにとっても医療機関にとっても、
絶対的に『完璧』な測定器というわけではないのですが、
それでも我々がリブレを患者さんに使用いただく理由は、
やはり、大まかな血糖の日内変動の傾向が把握できること、
自覚していない低血糖や高血糖を知る手がかりになる、ということが、
血糖コントロールを組み立てる上で、
非常に参考になり有益である、ということに尽きます。

不測の大きな血糖変動を『想定の範囲内』として、
できるだけ血糖変動をフラットにコントロールすることで、
全身の細胞に必要十分な量の糖エネルギーを供給すると同時に、
余分な糖で神経や血管を傷つけることなく、しなやかに保っていくことは、
様々な合併症を予防するだけでなく、
がん予防や認知症予防にも繋がることがわかってきています。

健康寿命を保つ上でも
血糖モニタリングが果たす役割は非常に大きいです。

こうしたリブレの有用性については、
リブレユーザーの皆さんや、専門医の先生方の声が、
厚労省にもちゃんと伝わっているはずですので、
今後の保険点数改定では、
より患者さんのニーズにあった設定になるものと思います。

また、血糖モニタリングについては、
糖尿病のない方にも有用性がありまして。
中高年に差し掛かりますと、代謝機能の「老化」という部分で、
食後過血糖、結構多くの方で現れてまいります。
リブレって、そこを自覚する手がかりにもなります。

ただ、ここは、もちろん保険診療の対象外ですので、
将来的には、リブレのような機器が、保険治療機器としてだけではなく、
血圧計のようなご家庭での健康管理のツールとして
広く一般に使用されるようになると
「未病」段階での改善確率もupするかと。
この辺りも期待したいところですね。


リブレだと、このような皮のコートの上からでも、かざすだけで血糖値の確認が可能!
このお手軽感は一度味わうと手放し難いデス。

質問者さまにおかれましてはHbA1cが6.6%との由、
かなり優秀な血糖コントローラーでいらっしゃるので、
上記のリブレの特性が認識できれば、
さらにうまくリブレでの測定値を活用し、
より良いコントロール方法を組み立てていただけるものと確信します。

もうしばらくはお互い、
微妙に納得いかない状況が続いていくわけではありますが、
とりあえずは今のリブレで取れるメリット、最大限に活かしていきましょうね!


大阪北部地震で被災された患者さん、医療者の皆様へ

2018.06.21

大阪北部地震、大きな余震は、おおよそ治まってきた状態でしょうか。
ただ、震度3前後の余震はまだ断続的に発生している状況かと拝察します。

熊本地震の際は、我々〜医療者も患者さんも、
連日、自宅でも職場でも散乱した室内や戸外周辺を片付け、
水や食料の確保に奔走し、
余震や地鳴りの音のたびに先行きを考えて不安になり、
夜も浅い眠りと覚醒を繰り返して良く眠れない、という日々が続き
最初の1週間は本当に心身共に疲弊しました。

この間、陣内病院のガレージ診療ではいろんなやりとりがありました。
「不安でずっと落ち着かない。」
「眠れない。」
「地震でない時もずっと揺れてる気がする」
「ちょっとした音にすごく敏感になっている」
「どこが悪いのかわからないけど、とにかく辛い。」
「戦争引き上げ、熊本大水害、熊本地震と人生で3度目の災害、
 地震が一番怖かった。」
「避難所生活で注射を打ちにくい。
 どこか場所があればと思うが、
 自分より大変な病気の人もいると思うと言い出せない。」
「自分や家族が被災したことで初めて、他の被災地で
 どれほどの恐怖や不安があったのか、と遅ればせながら感じた」
「まさか熊本でこんな大地震があるなんて!」
「家で家族の前では泣けないから。」
と当院に来院されて泣き出される患者さんもおられました。

辛いお気持ちや悩みやストレスは、
皆で共有すると解決策につながりますし、
解決できないことであっても少しだけ気持ちが楽になります。

医療スタッフに吐き出してもらってOKです。
もちろん病院で泣いてもらっていいんですよ!!

「食べるものが炭水化物しか手に入らない。どうしたら??」
「野菜がない』
という相談もよくありました。
ただ、こういった『入手困難』というどうしようもない状況の数日間は
食事療法の遵守より「サバイバル」が最優先です。
今、手に入るものを「命を守るためのエネルギー」として
しっかり食べましょう。

数日間、栄養バランスが崩れてたとしても、
普段からきちんとバランスの良い食事をされていれば、
後からリカバリー可能ですから安心してください。

非常時のお薬や食事の対処方法は、
シックデイルールに準じて考えるとおおよそうまくいきます。
あまり神経質になりすぎて
かえって強いストレスを抱え込むことがありませんよう。

被災中は、当然、辛いことが多いですが、
一方で、「有難い」と思う瞬間も多いです。
何より普通の生活のありがたさ、を心のそこから感じました。

また、感謝の「言葉」が人の力になる、ということ。

ガレージ診療に来られるなり、
「大丈夫だったね?!」
「こんな大変な状況なのに、お薬出してくれてありがとう。」
「自分の家がめちゃめちゃになっても涙も出なかったし、
 すごく冷静な気持ちで片付けられたんだけど、
 今日、病院に来て、病院の被害を見たら涙が出てきた。
 やっぱり病院は無事でいてくれなきゃダメ!
 大変だと思うけど、頑張ってね。」
〜などなど、自分のことより先に
医療スタッフのことを気遣ってくださる患者さん達の声に、
我々、どれだけパワーをいただいたことか!!!

周りの人とつながれば、辛い状況も必ず乗り切れます!

「辛い気持ちも、感謝の気持ちも、とにかく
 出し惜しみしないで周りにどんどん外に出して!」

熊本地震を超えた当院CDEJから
大阪の被災者の皆様へのアドバイスでした。

頑張れ!大阪!!